宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」

みなさん、こんにちは。京都では祇園祭りの山鉾巡行が終わり、梅雨明けもそろそろですね。今年の夏も暑くなりそうですね。クーラーなどで調節して熱中症には気を付けてくださいね。

さて、今回は「こどもロコモ」についてお話したいと思います。みなさん、「ロコモティブシンドローム」という言葉をご存じですか?運動器症候群とも言われるもので、これは加齢にともない骨や関節、筋肉などの機能が低下して立つことや歩くことなど日常生活で行う動作ができなくなることを言います。これが子どものうちでも出てしまうことが「こどもロコモ」です。この状態をチェックすることができます。

前屈をした際、床に楽に手がつかない
片足立ちが5秒以上できない
しゃがみ込みができない
両手を垂直に挙げることができない

これらが一つでもできなければ、「こどもロコモ」と言われます。予防としては外で遊ぶことが大事になるのですが、最近では公園での運動の禁止などで子どもたちが遊ぶ場所が少なくなっています。また、便器が和式から洋式に変わっていることやゲームの多様化によって体を使わなくなっています。運動ができればいいのですが、なかなかしにくい場合は家で軽くトレーニングをすることが重要です。お子さまがいる方は一度、上記のチェックをして当てはまるものがあれば家でのトレーニングをしてみてください。

ただ、一度姿勢が悪くなるととクセづいてしまうので、無意識に姿勢が悪くなってしまいます。そこで当院では子どもでもしっかりと施術と整体を行うことで筋肉の柔軟性を出し、背骨をまっすぐにすることができます。多くの方の姿勢が良くなって、動きやすくなったと喜ばれています。お子さんが「こどもロコモ」に当てはまる方は一度当院までご相談くださいね。

宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」 PAGETOP