宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」

みなさん、こんにちは。今日は天気予報でも記録的な暑さになると言われていました。水分補給と塩分などの栄養素の補給もこまめに行って下さいね。

さて、今回はやけどについてお話したいと思います。みなさんもお湯がかかって赤くなったり、ストーブなどに近づいてしまって熱いと感じたりなど経験があると思います。やけどをすると皮膚の表面が損傷を受けてしまうことが多いですが、重い症状になると筋肉や骨にまで影響が出ることがあります。その程度によってⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度と分かれます。Ⅰ度は赤くなったり腫れたりして、ヒリヒリする感じがあります。多くの日焼けはこのⅠ度に入ります。Ⅱ度では水ぶくれができたり、痛みを感じたりします。Ⅲ度は皮膚の深い所まで影響があるもので、痛みを感じる神経も損傷しているので痛みを感じません。こうなると損傷した部位はケロイド状になって跡が残ります。ここまでやけどについてお話しましたが、やけどになった時にどうしたら良いのかを次にお話したいと思います。

やけどをしたらまずは「冷やす」ことです。その際に氷を当てると皮膚にくっついてしまうことがありますので、水か氷水で冷やすのが一番です。また、服を着たままやけどしてしまったら無理に脱がそうとせずにそのまま冷やすようにしてください。無理に脱がそうとすると皮膚が引っ張られてはがれてしまう可能性があります。

ここで言いたいのは、「これくらい大丈夫かな」と思わず、熱いと感じたらすぐに冷やして下さい。その後、病院へ行ってくださいね。筋肉への負担もそうですが、早期の対応が大事になります。やけどでも筋肉や皮膚が引っ張られてしまうことで筋肉のバランスが崩れてしまいますので、その時は当院までご相談ください。

宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」 PAGETOP