宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」

みなさん、こんにちは。もうそろそろ年末が近づいてきましたね。年末が近づくにつれて忙しくなる方や、どこかに遊びに行くという方まで様々だと思います。ただ、気をつけて頂きたいのは寒くなればなるほど筋肉を痛める可能性も上がってしまうという事です。特にこの時期はギックリ腰や寝違いを起こす方も多いので、みなさんも気をつけて下さいね。

さて今回は、どうやって身体を温めるのが効率が良いのかについてお話していきます。健康維持の為には身体を温めるほうが良いという事は皆さんも聞いた事があると思います。実際はその通りで、身体を温めることにより血流が良くなり、筋肉の柔軟性や内臓の機能が向上します。そもそも人間の体内にある酵素(体内での各種働きに必要不可欠な物)も体温が低い状態だと上手く機能してくれません。ですから体温を高く保つ事は非常に大切であるといえます。では、どうやって温めるのがいいのか?温める方法は多々ありますが、大きく分けると二通りあります。一つはカイロや暖房などで外部から身体を温める方法。もう一つは運動などで身体を動かし、自ら血流を良くすることによって身体の内側から温める方法です。オススメは後者の方法です。すぐに身体を温めたい場合は外部から温めたほうが効率がいいのですが、自分で熱を作っている訳ではないのですぐに元に戻ってしまいます。長期的な目で見るのであれば、日頃から身体を動かす習慣をつくって自らの力で熱を作れるように練習しておいた方が良いでしょう。因みに運動は激しい筋トレよりかは緩やかな有酸素運動、簡単にいえばジョギングやウォーキングがオススメです。こういったものをコツコツと行っていくようにしましょう。

宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」 PAGETOP