宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」

みなさん、こんにちは。11月に入りだいぶ寒さも本格的になってきましたね。こういった季節の変わり目は身体に不調が出やすいので皆さん注意して下さいね。

さて今回は腰の筋肉と膝の関係についてお話していきますね。一見すると腰の筋肉と膝はあまり関係がないように思われるかもしれませんが、実は身体の構造的にも人体の関節の動かし方的にも非常に関係が深いといえます。では順を追って説明していきますね。先ず身体の構造の面です。人体の筋肉は全て筋膜で繋がっており、筋肉が動く際は単独で動くことは少なく複数の筋肉が同時に動くようになっています。腰の筋肉も同じで、お尻の筋肉や脚の筋肉を介して膝と繋がっています。ですので腰の筋肉に負担が掛かると間接的に膝にも負担がかかってしまうのです。次に関節の動かし方の面ですが、腰は文字通り身体の動きの要となるところですので、全ての動きの基本となります。体幹部である腰の動きと連動して末端の関節が動きます。その関係上腰の筋肉のバランスが崩れて、動きが悪くなってしまうとどうしても末端の関節である膝や足首に負担がかかりやすいのです。

当施術所では身体の深部側の筋肉に対してアプローチして根本から筋肉のバランスを整えていきます。みなさんも身体の事でお困りでしたら是非一度ご相談くださいね。

宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」 PAGETOP