宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」

みなさん、こんにちは。今週は天気が安定していますね。ただ、朝晩と日中の気温差が大きくなっていますので、服装などで調節してくださいね。

さて、今回は膝についてお話したいと思います。アメリカの大リーグで活躍している大谷翔平選手も肘の手術をしたり、今シーズンの終盤には膝の手術もしました。この膝の手術は膝小僧の部分が生まれつき二つに分かれているものですが、大谷選手はピッチャーもしますし、バッターとしても活躍していますので、膝への負担は相当なものになると思います。また、大谷選手の投げ方が膝への負担も大きくなる投げ方だと言われています。投げる時に左膝をつきますが、ボールをリリースする際に左足を引いて身体をしならせるようにして力を出して、160キロのボールを投げています。この左足を引く動きが膝への負担を大きくしています。

膝を構成しているのがふとももの骨とすねの骨で膝小僧は靭帯などで繋がれている状態です。どこかに痛みや違和感があると他の部分でかばってしまい、違う所にも痛みが出てしまうのです。膝は加重関節なので、立っていると体重がかかりますし、歩くと体重の3~4倍かかると言われ、走ると7~8倍かかると言われます。

このようにスポーツ選手だけでなく一般の方でも膝への負担が大きくなると日常生活にも支障をきたしますので、早めのケアが大事です。当院でも膝への施術を行っています。膝の負担は膝周りの筋肉の質を上げてあげることと筋肉量を多くすることが大事ですので、当院で施術を受けて筋肉の質を上げて、トレーニングなどで筋肉量を多くすると痛みを感じるがなくなってきます。膝の痛みでお困りの方は、日常に支障をきたさないためにも早めに相談してくださいね。

宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」 PAGETOP