宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」

みなさん、こんにちは。今日はクリスマスですね。プレゼントをもらえるわけではないですが、クリスマスというだけでなんだかワクワクしますね。

さて、今回は筋肉や骨を作ったりする時に作用する栄養素についてお話したいと思います。みなさんもビタミンと聞くと、オレンジなどの柑橘系に多い栄養素だということはご存知だと思います。このビタミンの中に筋肉や骨を作るのに必要なものがあります。それはビタミンB6とビタミンKです。それぞれが何に多く含まれているかなども含めてお話していきますね。

まず、ビタミンB6は食品の中にあるたんぱく質からエネルギーを作ったり、筋肉や血液が作ったりする際に使われます。このビタミンB6はかつおやまぐろなどの魚やレバー、肉などに多く含まれています。次にビタミンKは血が出た時に血を固めて止める働きと骨のたんぱく質を活性化して骨を作ることを促します。ビタミンKは納豆に多く、小松菜やホウレンソウなどにも多く含まれています。このように筋肉や骨には多くの栄養素が関わり、作っています。食事でこういった栄養素を摂ることが大事ですが、不足している分はサプリメントで補うことも大事です。

ご自身でお身体のケアをしていく上でも、食生活に気をつけることが大事です。ただ、いま出ている痛みなどは当院におまかせください。今出ている痛みを軽減し、今後も痛みが出ないお身体に変えていけるようにしっかりと施術していきますので、痛みでお困りの方は当院までご相談くださいね。

宇治市で整体なら「小倉駅前整骨院」 PAGETOP